グリーン・スリーブスのコード進行について

グリーン・スリーブスのコード進行について過去何度も書いて来ましたが、今回再度検証・・・・

グリーン・スリーブスは現在このようなコード進行が多いと思います。

Greensleeves

この曲が成立した頃のコードはどうなってるのか気になって調べてみると、ウィキペディアでは以下のように書かれています。

パッサメッツォ

このように、主調と平行調の両方のトニカが含まれるのが、パッサメッツォ・アンティコの特徴である。有名な代表例に《グリーンスリーブス》がある。
パッサメッツォ・アンティコは短旋法と結びついた和声進行であるが、パッサメッツォ・モデルノは、後述するように長旋法の和声進行である。
en:Passamezzo antico

参照リンクのウィキペディア英語版にはそのような記述はない。
そこで念の為にグリーン・スリーブスを見てみると・・・

グリーンスリーブス

「グリーンスリーブス」または「グリーンスリーヴス」(英語原題:Greensleeves)は、伝統的なイングランドの民謡で、ロマネスカと呼ばれる固執低音の旋律をもつ。

おーいっ!何でやねん!∑(゚д゚lll)Oh my God!

そこで改めて検証してみることに。

まず、各グラウンド・バスは以下のとおり

無理やり Passamezzo Antico のコード進行&ドリア旋法で・・・

Greensleeves

明らかに繰り返し直後(後半冒頭)が不自然ですが、ここのコードを”B♭”に変更してしまうとバスにG音を使わないことになり最早マイナーコードから始まるパッサメッツォ・アンティコではなくなります。

そして Romanesca のコード進行&ドリア旋法でやってみると・・・

Greensleeve

やはり、昔書いた一番最初の主張たとおりロマネスカがドンピシャなようです。
旋律のアウフタクトがマイナーコード用なことからひょっとしたら偶然似てるだけでグラウンド・バス由来のコード進行ではないのかも。あるいは違う音だったのを短調に対応するためにあの音に変わったのか。
グリーン・スリーブスの歌詞が成立する前からあった旋律らしいので古すぎて良くわからない・・・がほんとうのところかもしれません。

前回の主張は撤回します。