国歌斉唱について

一部、卒業式などの学校行事において、個人の心情を理由に国歌齊唱を拒む教員がいる。
しかし、国の法律や公務員としての義務に従うという採用時の契約書にサインと捺印をしている以上、どんな理由があれ国歌斉唱を拒否するなら、まず辞職した後でないと違法になる。

法令遵守、校則順守などを指導する立場の教師が国歌斉唱の拒否というのは矛盾している。
これでは法は破っても良いと教師自らが示していることになり、学校教育自体が破綻してしまう。

国歌を愛する生徒も中には居る訳だし、くだんの教師たちは自分勝手な主張を反省すべきです。

コメントを残す