拍子の話(私個人の所感)

例えば以下に3拍子と9拍子を比較してみました。
どちらも演奏結果は同じになります。


違いは連符の扱いで、作曲時にどちらの拍子を選んだほうが演奏上解りやすいか?という基準で捉えています。
9拍子は理論上は9拍あることになっていますが、実質的には付点4分音符を1拍と捕らえて3拍子と考えたら解りやすいかも。

一番最初の小節の1拍目の付点リズム、付点8分音符+16分音符(3:1)を8分音符+16分音符(2:1)にして柔らかいリズムにしたい場合は6拍子、9拍子、12拍子などが扱いやすいです。

以下はどちらも私が作った9拍子の曲です。(自作品ですみません)

6拍子、12拍子も同じ理屈になりますね。

おまけ

ここからは西洋音楽史的な余談なので興味のある方だけ読んで下さい。

バロック時代やルネッサンス時代より古い中世の時代には黒符計量記譜法や白符計量記譜法など様々な定量記譜法が開発されました。現在の楽譜では音符を細かくするときに原則として常に二分割で行われます。それ以外の分割には3連音符とか5連音符などの連符を用います。

計量記譜法では分割法が予め決められていて拍子記号で明示しますが、現在の拍子を表すものではなく、分割法を表すものでしたので全く別の概念です。つまり二拍子も三拍子も同じ分割法なら同じ記号です。

この記譜法では基本となる1音符を分割することと、分割された音符の一つを更に分割する場合の分配において3分割を完全、2分割を不完全として4つの組み合わせが考えられました。

3分割の方を完全と呼ぶのは宗教的な意味合いに由来していて、3という数字はキリスト教の三位一体さんみいったいを象徴する完全な数字だったからと言われています。

特に完全テンプス完全プロラティオに至っては3x3なので完璧な分割法でした。この時代に完全テンプス完全プロラティオが多かったのはそういう背景です。

現在の記譜で4/4拍子をCと書くことが多いのは、ルネッサンス時代あたりから3分割法から2分割法に移り変わった時に不完全テンプス不完全プロラティオと2拍子系が合致するので意味は変わってしまいましたがその名残として残っています。

以下はこの分割法の違いを利用して楽譜を異なった分割法で同時に演奏を開始するプロラティオ・カノンという手法でヨハネス・オケゲムによって作曲された「ミサ・プロラツィオーヌム」から「キリエ」です。
上声部2つがカノン関係で、下部2声部も別のカノンになっています。

コンピュータのない時代にこんな幾何学的な曲を作るなど、とても人間の仕業ではありません。

Ockeghem
Messe Prolationum- Kyrie

楽譜上の矢印はもう一人の人が開始する場所のようです。

「拍子の話(私個人の所感)」への2件のフィードバック

  1. > 8分の9拍子は、付点四分音符が三つで、三拍子になる、でいいでしょうか?8分の6拍子は二拍子、というように。

    そのとおりです、あくまで9拍子、6拍子はそれぞれ3拍子、2拍子ということで^^;

    > 5拍子とか7拍子とかもあるのでしょうか?

    当然有ります(笑)
    実はこのページの動画の「6つの小品」の2曲目がほぼ5拍子で作られています =^ ^=

    > 曲を聞いたら何拍子かわかるのでしょうね。

    どうなんでしょうね。◯◯拍子系とは分っても、実際に楽譜を見ないと分母が分かりません。私ならこの曲は1拍は◯分音符使うかな?と思って当てずっぽううで当てるしかヾ(ーー)ォィォィ
    、あと調性も長調・短調あわせて24しかないので、なんとなく理解ります^^

  2. 仕事が早い!
    早速、リクエストに応えていただき、ありがとうございます。
    良くわかりました。
    8分の9拍子は、付点四分音符が三つで、三拍子になる、でいいでしょうか?8分の6拍子は二拍子、というように。
    おまけの記事もブログらしくて素敵です。昔の人ってどうやって作曲したのでしょうね。すごいですね。
    もう一つ、疑問があるのですが、6拍子9拍子12拍子があるなら、5拍子とか7拍子とかもあるのでしょうか?
    そんな変則的な曲って、どんなのでしょうね。
    クララさんなら、きっと、曲を聞いたら何拍子かわかるのでしょうね。とにかく、ありがとうございました。

コメントを残す