Euphonium
(Image = Wikipedia)

ユーフォニウムとユーフォニアム。

日本での使われ方を歴史的に見ると、昭和時代はほぼユーフォニウムあるいはユーホニウムが一般的で、小バスやバリトンとも呼ばれていました。

英語ではユーフォニアムと発音する事からからこの読み方が正しいとも言えますが、あくまで英語としてはそうでしょう。でも、それを言ったらホルンはその発音からホーンと言わなくてはいけなくなるし、バイオリンとヴァイオリンどちらが正しいのかとか、いやいやイタリア語でヴィオリーノが正しいんじゃない?と論争になり収拾がつかない。

文科省あたりが「日本語表記はこれで統一します」と宣言しないと用語の統一は無理でしょw

つまり結論としては

考えるな!

ということに。