ヘミオラ

現在の出版楽譜において、バッハやヘンデルなどバロック時代の曲には、下の譜例のような一見シンコペーションのような箇所をよく見かけます。

実は、これらはシンコペーションではなく、当時は一般的に用いられていた一時的に拍子が変化するヘミオラ(Hemiola)というもので、当然ながら演奏も拍子感を意識したものになります。

自筆譜や初版出版物を見たりすると、ヘミオラは本来以下の様な書き方をしていたことがわかります。
楽譜はどちらの書き方も当時から普通にあるのでどちらでも楽譜としては正しいと言えます。

古典派以降のようにその都度拍子記号を書けばいいのに・・・と思うかもしれませんが拍子記号がなくても楽譜から拍子は判別できます。それと同じくヘミオラも慣れてくると一目瞭然なので、あえて拍子記号は要らないということでしょうか?(多分違う理由ww)

以下の曲はプレトリウスのテールプソコーレから

TERPSOCORE(1612)からクーラント

聴いてみてヘミオラの部分が判りますでしょうか?

Courante

ドラムパードが拍子感を補完していますのでわかると思います。

二拍子にもヘミオラ?

以下の例はリズム的には四分音符3つで一拍の二拍子系の6/4拍子系の曲なのですが、小節の半分が八分音符3つで一拍の四拍子系の12/8拍子になっていて、これもヘミオラの一種といえるかもしれません。

一小節を半分にしたら普通に3/4拍子なのですが、どう見ても6/8拍子に見えるところがあります。
これはいわゆる三連符でもありません。これをシンコペーションと取るかヘミオラ(逆ヘミオラ?ヾ(ーー)ォィォィ)と取るかで演奏が違ってきます。

以下の様なウィキペディアの記載にある「三拍子の曲で二小節相当の三拍子一小節を挿入したもの」だけがヘミオラではなく、ヘミオラは単純に「一時的な拍子(分割)の変化」を指すと考えることが出来るかもしれないと思います。

ヘミオラ

ヘミオラ (hemiola) とは、主にバロック音楽やクラシック(古典音楽、特にベートーヴェン)などにおいて、3拍子の曲で、2小節をまとめてそれを3つの拍に分け、大きな3拍子のようにすることをいう。もとの意味は「1足す2分の1」。終止カデンツにおいて使われることが多い。

そうすると、元来の4分の3拍子は消え去り、大きな2分の3拍子のように聞こえる。このようなものをヘミオラと呼ぶ。聴こえ方の特徴としては、強拍がずれるため、突然本来の拍節感を失う。そのため、その部分だけが大変不思議な感覚を感じることになる。

(引用:ウィキペディア

「その部分だけが大変不思議な感覚を感じることになる。」って誰がWikipediaのこの部分を記述したのかは知りませんが、私は拍子が一時的に変化することによってメリハリや躍動感に溢れ、アリアや舞曲などでは効果的と思うのだけど・・・・

コメント

  1. HOLDON より:

    おはようございます。
    お題発表も終わりやって来ました。
    私もこれは三拍子系が多いと思っていました。
    ジャズなどとは違いますがリズムカルなノリに弾みをつけそうな感覚・・・・そう感じました。
    温故知新・・・
    アレンジに使えそうですね♪