Kyoto Tachibana SHS Band ~ Rohm Music Festival 2018

橘関係の動画にしては珍しく全景撮影。
ドラムメジャー(DM)、カラーガード、更には打楽器のピット楽器まで全ての動きが一目瞭然で、普通の動画ではほくろの位置まで判りそうなくらい近景すぎて全体の動きが掴み辛いところ、各部位が同時に異なった動きを見せる場面とか、その見事さに感歎させられます。

動画撮影は長年橘を撮り続けている前田慶次さんによって撮影されたもの。

別アングル、正面からst.taketoさんによって撮影されたもの。

個人的には橘高校のこの演奏スタイルが徐々に全国に広がっていて、近い将来主流になるかも。
その頃には橘は更に進化してカラーガードにチアリーディングのようなアクロバットまで加わっていそうな予感。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です