最近オリジナル曲以外が続いていますm(__)m

PDF

Wikipediaでは以下のように解説されています。

「宮さん宮さん」(みやさんみやさん)は、1868年(慶応4年/明治元年)頃に作成された軍歌・行進曲である。トコトンヤレ節もしくはトンヤレ節ともいう。作詞は品川弥二郎、作曲は大村益次郎とされているが確証はない。事実上、日本初の軍歌と言える。

概要
歌詞は、戊辰戦争での新政府軍(官軍)の気勢を描いている。歌詞の「宮さん」は、戊辰戦争時に新政府の総裁で東征大総督でもあった有栖川宮熾仁親王を指す。
慶応4年1月(1868年1月)、薩摩藩(島津氏)・長州藩(毛利氏)・土佐藩(山内氏)の三藩(頭文字から薩長土)を中心とした諸藩から編制された新政府軍は、鳥羽・伏見の戦いで旧幕府軍と戦い勝利した。翌月には、新政府総裁の有栖川宮熾仁親王が東征大総督を兼務して、明治天皇から錦の御旗と節刀を授けられ、東海道の進軍を始めた。
覚えやすい歌詞と明るい曲調により、新政府軍の兵のみならず広く人々に愛唱され、後には「小学唱歌」などの歌集や、尺八、銀笛(フラジオレット)などの楽譜にも収録された。

歌詞

みやさん宮さん

作詞:品川彌二郎
作曲:大村益次郎

  1. 宮さん宮さんお馬おんまの前に
    ヒラヒラするのは何じやいな
    トコトンヤレ、トンヤレナ
  2. あれは朝敵てうてき征伐せいばつせよとの
    にしき御旗みはたじや知らないか
    トコトンヤレ、トンヤレナ
  3. 一天いつてん萬乗ばんじやう帝王みかど
    手向てむかひすろやつ
    トコトンヤレ、トンヤレナ
  4. ねらはずさず、
    どんどんさつちやう
    トコトンヤレ、トンヤレナ
  5. 伏見ふしみ鳥羽とばよど
    橋本はしもと葛葉くずはたたかひ
    トコトンヤレ、トンヤレナ
  6. 薩土長肥の 薩土長肥の
    合ふたる手際ぢやないかいな
    トコトンヤレ、トンヤレナ
  7. 音に聞えし關東武士
    どつちへ逃げたと問ふたれば
    トコトンヤレ、トンヤレナ
  8. 城も氣慨きがい
    捨てて吾妻あづまへ逃げたげな
    トコトンヤレ、トンヤレナ
  9. 國をふのも人を殺すも
    誰も本意ぢやないけれど
    トコトンヤレ、トンヤレナ
  10. 薩長土の先手に
    手向ひするゆゑ
    トコトンヤレ、トンヤレナ
  11. 雨の降るよな
    鐵砲の玉の來る中に
    トコトンヤレ、トンヤレナ
  12. いのちおしまずさきがけするのも
    皆お主の爲め故ぢや
    トコトンヤレ、トンヤレナ

出典

  • 小学唱歌. 1 伊沢修二 編 大日本図書 明治二十五年三月(保護期間満了)
  • Wikipedia > 宮さん