Sonata per Vilono e Basso continuo

通奏低音を伴うバイオリンのためのソナタ ハ短調

こちらは組曲が主体のソナタ・ダ・カメラ(sonata da camera / 室内ソナタ)になっています。
一楽章は舞曲ではなく前奏曲となっていて、前半がゆっくりした部分、後半がフーガとなっています。

※ミスでガボットの楽章後半のリピート時に無音状態が3秒挟まっています。
いつか直す予定・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です