ヲシテ文字?

音楽と全く関係のない話。
どんな本なのかホツマツアヱの対訳本を読んでみました。
(しんどかったw)

ネットで検索すると出てくるヲシテ文献とその文字ヲシテ(ホツマ文字)。
江戸時代中期には存在が確認されている神代文字とされているけど怪しさだけが募る代物しろもの

ホスま文字基本48字
小笠原長武写本によるホツマ文字の標準字形
(画像:Wikipedia)

ホツマ文字で書かれたこれ等の文書は大和政権に滅ぼされたクニが残した正史が含まれるとされていて、ホツマツタヱに於いては天照大神あまてらすおおみのかみの性別が古事記と逆だったりと細部に差異が多々見られるが、神代の物語を原則七・五調で綴られた長大な神謡。

どう考えても江戸中期以降(多分明治時代)に作られた創作ではないかと思える理由はその文字系統。

まず、現代の私たちが義務教育で習う五十音表の並びそのまま四十八文字を当てはめていること。
ホツマ文字は他にもあるけどすべてこれらの異字体で基本は四十八音。
対訳本では「ゑ」、「ゐ」は「え」、「い」と同音という。今の五十音と同じ理屈。

実は「わ行」は現在の発音と違ってあ行と同音ではなく、「え」と「ゑ」、「い」と「ゐ」、「お」と「を」は別の発音であった事が解っていて、地方によっては大正生まれの人が少なくとも「お」と「を」を違った音として聴き分けていた事実がありました。

奈良時代まで日本語の「イ」「エ」「オ」の母音には甲類 (i, e, o) と乙類 (ï, ë, ö) の音韻があったといわれる(上代特殊仮名遣い)。
(Wikipedia)

アイドルグループのAKB48系統が歌詞の中の「お」と「を」の2つの文字を明確に区別するために便宜上用いている「を」を「お(o)」ではなく「ぅお(wo)」と発音する歌唱法は、この発音は古来の日本語の発音と同じではなくあくまで便宜上のこと。

発音から来る疑問についてに話を元に戻して・・・・
神代には日本語の母音が現在の五音ではなく、八音だったことが有力視されていて、子音も「は行」は「ふぁ行」だったという說もあります。

少なくとも江戸期にはほぼ現在の発音が確立していて、その発音に基づいた文字体系「ヲシテ文字・ホツマ文字」を導入していて、現在の五十音表に対応させたものであるうことから、神代の神話の記述を含む漢文で書かれた古事記や日本書紀と違い、「やまと言葉」をホツマ文字という創作された仮名文字を使って書かれたものであることは、それまでその存在すら誰も唱えなかったヲシテ文献が明治時代に突然発見されたという経緯からも偽書で間違いないでしょう。

大和政権に抹殺された他者の立場から正しい歴史を伝えているから、存在を隠さないといけなかったからと養護する本もあります。
また、江戸期から明治にかけて竹内文書など様々な神代古文書や神代文字のような同様な怪しい偽書がたくさん出没しています。
しかし、ホツマ文献はその流行に肖って作られた後世の売名者によって創作された作品群で、ホツマツアヱの内容はどう読んでも記紀を元本とする後世の創作でしかない。

歴史の「空白の150年間」といわれる大和政権による西日本統一前の時代、出雲、吉備、熊襲をはじめとする九州各地の諸勢力が独自に作成した歴史書がもしも現存していたらもっと違う視点、つまり主語が大和政権ではなくその地方政権の視線で書かれたものであったと思います。ホツマツタヱは明らかに主語は大和政権です。

そう言えば萬葉集で使われている万葉仮名も漢字を仮名として借用したもので後の片仮名や平仮名の草分け的な存在で、その当時にホツマ文字が本当にあったとしたら、人知れない洞窟やあるいは発掘出土品などにホツマ文字だけでも残っていたとしてもおかしくないと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です