結構、昔のポップスもいい曲があると感じるこの頃。
ピンクレディやかぐや姫などを検索していて偶然見つけた薬師丸ひろ子。

女優の薬師丸ひろ子がアイドルだった頃、昭和61年(1986年)に発売された「花図鑑」というアルバム。
なんとなく気になったので借りてきて聴いて「寒椿、咲いた」にびっくり。

「♪夏がくれば思い出す~」で歌い始めるあの曲を作った中田喜直というクラシック界の重鎮が作曲した曲で編曲は松任谷正隆

松本隆による歌詞もすごくて

行方知れずの恋人からの 不意の電話に驚きました
これから行くよと呟く声に 嫌と言えずにただ頷いて

寒椿咲いた、寒椿咲いた
真っ白な冬に くっきりと咲いた

歌詞全文と視聴はこちら

一番がたったこれだけ。
二番、三番も同じ構成ですので、全体の歌詞の長さも想像できるでしょう。
三番だけ「寒椿咲いた」の部分をを「寒椿散った」と変えてくるところも効果的。
一番から三番までの歌詞は説明的な歌詞ではなく、短い歌詞で言葉を極限まで省略して余韻から視聴者の想像に任せる歌詞となっていて、短いながらもストーリー性が感じられる説得力が素晴らしいと思いました。

何十年も歌い継がれる歌詞はこのような短い歌詞がほとんどですが、時代の流れかこのような短い歌詞は殆ど見られなく成ったのが寂しいと思います。

西洋の歌詞は直接的な表現ですが、日本語の歌詞は和歌や短歌のように余韻で表現する歌詞のほうが優れていると思います(歌詞を英訳しても外国人には理解できないとは思いますが・・・)。

動画、やっぱりアイドル時代のアルバムの声質が最高です。動画では残念ながら声質が・・・・。