Symphony “Approximately two minutes”

交響曲 “概ね2分間”

第一楽章:アレグレット
第二楽章:ワルツ
第三楽章:スケルツォ
第四楽章:フィナーレ – プレスト

題名通り、

これだけ楽章があって通しで2分弱

という強者w

楽器編成:
トライアングル、人を二人(拍手)、弦五部。

解説:
楽章が進むにつれて無調音楽風から和音音楽に・・・という時代を逆行する作品で御座います。

1楽章、今から始まる感を催しながらさっと終わってしまう素っ気無さ。
2楽章は手拍子の数が3回になったら終了・・・という意味の不明さ。
3楽章は2小節しかない、ただのギャグ。スケルツォだから名前通り急速に終わる
4楽章の目玉はやっぱり三・三・七拍子。ある意味お目出度い作品かも。

サウンドフォントの脆弱性から拍手(ハンドクラップ)が拍手に聴こえないという残念さ・・・・
是非、実際の演奏で聴いてみたいヾ(ーー)ォィォィ

「Symphony “Approximately two minutes”」への2件のフィードバック

  1. ブリテンの「Simple Symphony」のように弦楽器だけのものでも交響曲と題されている曲って結構多いので、問題はないと思いますw
    ジョーク曲なので曲自体削除しようかとも悩んでいます(-_-;)

    三三七拍子・・・さすがにそれはw

  2. 交響曲?そうなの?ならば
    交響曲「三三七拍子」でいいんじゃない?

コメントを残す