教会旋法聴き比べ

・ミクソリディア旋法及びドリア旋法の最後の方、第七音が半音上がっている(ファ#)のは導音のためのムジカファクタ(音変位)適用のため。
・フリジア旋法は導音が第七音ではなく、第二音の下降導音に。

おまけ

フリギア(フリジア)終止の例

ヴァイオリンのパートはバロック時代に行われていた旋律の装飾を真似て実施しています。
一番最後の第3小節目第3拍から第4小節まがフリジア終止の部分で、多くはバス声部が二度下降して終止音(註釈:終止音と主音とは定義が異なります)に至ります。上声部に導音はありあせんが、この二度下降の短二度音程が下降導音として機能しています。

※)参考音源と楽譜で違うように感じるかもしれませんが、当時の慣習に習って装飾を施しているだけで楽譜の通りです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です